« シンブル | トップページ | 雪像 »

洋書

Kyato
楕円形の入れ物の中身です。こんな感じでぼたんが入っています。こんなちいさなものが大好きです。ぼたんひとつにも買ったときの思いでがあります。一緒にうつっているステッチはこのあと、ベースの部分にハーフでステッチします。今度はゆがまないように気をつけて・・・・・

Nidoru_1
ドームでこんな本も買ってきました。ニードルポイントの本です。中はこんな感じ。使える日がくるといいな。

Ninaka


« シンブル | トップページ | 雪像 »

stitch」カテゴリの記事

コメント

またまたかわいい刺繍が!!
いつやってるの~(´▽`*)。

すてきな小物入れにすてきなボタン・・
眺めているだけでうっとりですね♪

私は今日、肘の治療に行ってきたら・・もうこんな時間に。。
やっぱり2枚目の宿題はほとんど手つかずで持っていくことになりそうです(^▽^;ゞ。

色がはっきりしているのにやさしい感じの作品ですね。
本もすごく難しそう・・・
でも、いい本が手に入るとうれしいですね。

すごくながい時間かかって やっと ここまで。刺繍は時間がかかりますね。ほどいてる時間のほうが多そうです。

作ってみたいものはたくさんあるのになかなか出来ませんね。本を見ていると作ったつもりになってしまいます。本当に作れるといいんですが。くまちゃんがたくさん、出ているクロスステッチの本も買ってあるんですよ。

可愛いボタンがいっぱい♪
ニードルブックの本、キルトのデザインを刺すんですね。
私はポーラヴォーガンというデザイナーの12ヶ月のキルトという図案を刺して、キルトのパターンに興味を持ち、パッチワークを始めました。
美しいと思うものは「刺す」のも「縫う」のも共通して楽しいです。

カラフルなボタンが入っていたんですね。白い入れ物に栄えますね。
ニードルポイント、一度だけした事があります。色々な刺し方かありますよね、木枠も持っていたのに、どこにやったやら・・
↑の雪像は、junさんのブログで紹介されていたものの完成版ですね。ytomoさんが以前紹介されていた足場のようなものは、どんな雪像になったのですか?
今日のニュースでは、ジンベイざめの雪像をみました。口の中まで細かいつくりでした。

刺繍の本もキルトのパターンがでていると反応してしまいます。わたしはきっこさんとは逆でパッチワークをしていて本のなかに一緒に写っている雑貨とか作品に興味をもつようになりました。この本は古本なので(お値段は古本価格ではないのですが)持っていた方の名前があります。外国の方ですが。思いでがいっぱい詰まった本なんでしょうね。

わたしもニードルポイントはフェリシモのがまぐちを作っただけ。この本はニードルポイントがしてみたいということもありますが、クロスステッチの図案にも使えると思って買いました。自分で図案を起こす元気がないものですから。
雪像の足場ですが、沖縄のたしかサメだったと思いますが位置はそのあたりでした。ニュースで見られたものかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンブル | トップページ | 雪像 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

お気に入り